HTMLがW3C勧告に準拠しているかを調べる

W3Cとは、インタ 一ネツトで使用される各種技術の標準化を推進するために設立された非営利の標準化団体です。
正式名称は、World Wide Web Consortium (ワールド・ワイド ・ウ工フ・ コンソ ーシアム)です。
一般的にはW3C(ダブリュースリーシー)と 呼ばれています。

W3Cの 「Markup Validation Service」は、 HTMLやXHTMLの記述が勧告内容と照らし合わせて準拠しているか、していないのかを検証できるサービスです。
分かりやすく言うと、HTMLやXHTMLの文法が正しいかどうかを判定してくれるサービスということになります。
使い方は簡単で、チェックしたいWebサイトのURLをテキストボックスに入力し、「Check」をクリックするだけです。「successfully checked」という表記が入った緑色の帯が表示されれば、W3Cの勧告内容に準拠したHTMLやXHTMLということになり、 アイコンを使うことができます。「Errors found」という赤い帯が表示されれば、W3Cの勧告内容に準拠できていないことになります。
この場合はもちろんアイコンも使えません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です