SEO対策とサバイバル・オリジナリティ

SEO対策として、サイト運営に「オリジナリティ」を求める声を多く聞きます。SEO対策に求められるサイト運営上の「オリジナリティ」とは、いったいどのようなものでしょうか?サイト運営上の「オリジナリティ」とは、サイトを訪れたユーザーたちへの「利便性」に深い関わりがあるようです。ユーザー自身への「利便性」とサイト上の「オリジナリティ」について考えてみましょう。インターネットを利用して、皆さんが情報を得る時に、常に感じているような事柄かもしれませんが、似かよった情報が常にWEB上に浮遊しているように感じませんか?検索エンジンで興味のある情報を検索した際に、実はWEB上のどこにでもあるような、ありきたりな情報がいくつも検索結果としてあがっていたりします。もちろん、どこにでもあるような情報に罪はありませんが、皆さんはどこにでもある情報を得る為に、サイト上を行ったり来たりする訳ではありませんよね?時には、何か新しい情報を求めたり、違った角度から真意を突き詰めるような情報を、求めサイト上をウロつく事もあるでしょう。そのような、皆さんの枯渇する事のない情報欲と言う名のニーズを満たすような、活力あるサイト力がSEO対策の中で求められているのではないかと考えています。誰かの真似をするだけではない、主観性をもった個性溢れるサイトが、お客様の多様性のあるニーズを満たす時に「オリジナリティのあるサイト」として評価されるのかもしれません。私自身は、そのような「オリジナリティ」を、隙間産業的な考え方として捉えているのですが、隙間産業を成し遂げる嗅覚というものは、どの業界であっても重要なビジネスにおける要素であるとも考えています。個性や独創性、オリジナリティとは、自身を表現するにあたっては必要不可欠なものであります。生き残りを賭けた、サイト運営上の中に、サバイバル的なSEO対策として、オリジナリティ溢れるテイストが求められる事は、そのアピール方法としては、必然的な要素なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です