情報提供ページの使い方

情報提供ページは商用ページにおいてもよく見られるコンテンツですが、それらの全てが直接商品に関係するわけではありません。しかしユーザーに長居してもらうきっかけを作るページになるため、最終的には顧客の確保に繋がっているのです。特に人気の高いページは、頻繁に更新することでアクセス数を稼ぐことができます。この更新時、文面をどうするべきか気になるところですが、SEOのように特定のキーワードを無理矢理入れ込む必要はありません。SEO専用サイトであればともかく、一般的な商用サイトのコンテンツ作りにおいては誠意や熱意を見せた方が効果的なのです。誠意は様々な見せ方がありますが、専門知識や業界情報を伝えてあげるとユーザーに喜ばれます。以下、よく見かける情報提供ページをご紹介したいと思います。一つ目は、商品の選び方を解説したページです。専門家の視点で選び方を説明してあげると、ユーザーの関心も高まります。二つ目は、他社商品との比較ページです。下心を見せず、客観的に比較してみせたページは高く評価される傾向にあります。三つ目は、助成金・税金情報です。特殊な商品の場合、ユーザーの立場に立って面倒なお金に関する情報を提供することが大切です。四つ目は、相場のページです。相場について話すビジネスマンは比較的信用されます。それは商用サイトにおいても同様です。五つ目は、業界のあるあるネタです。まだ業界のことをよく知らないユーザーが閲覧すると、親しみを感じてくれる可能性があります。六つ目は、使用方法のページです。購入前に詳しい使用方法を知ることが出来れば、ユーザーとしては自分が使うシーンをイメージし易くなり、購入意欲が増幅します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です