ユーザビリティーの問題

ユーザビリティーの観点からもフレームは推奨されていません。フレームを利用した 場合、どのコンテンツを画面に表示しでもブラウザのアドレスバーに表示されるURLは 変わりません。そのため、ブラウザのお気に入りやソーシャルブックマークで特定のペ ージを登録することができません。同様にあるコンテンツが面白くて知人にそれを紹介 したくても、ピンポイントでそのURL を云えることができないのです。
検索エンジンの対応は完壁ではない
2008 年5月現在、検索エンジン各社のフレームサイトの処理方法が改善され、きちんと親フレームと子フレーム含めセットでインデックスしてくれる場合があります。しか しこの対応は 100% 完壁ではありません。適切にインテ‘ックスされないリスクを背負ってまで、フレームを利用したサイトを構築する理由はないでしょう。
iframe も同様にインデックスされない
なお、ページの任意の場所に他のファイルを表示する iframe というタグがあります が、このiframe の内容も検索エンジンはインデックスしません。ページ上に iframe で コンテンツを挿入することは推奨できません。
もしページの任意の場所に別ファイルのコンテンツを呼び出す必要があれば、PHP で呼び出すようにしましょう。これらの方法であれば、その挿入されたページの HTML ソースコードも当該ページに書き出されますので、検索エンジンはその内容をイ ンデックスすることができます。

注釈や特殊文字

ソースに注釈を村ける
コメントとは、ソースでは読むことはできても ブラウザには表示されない文字のことです。そ の性質上、付けても付けなくてもページの表示 には影響しませんが、適宜コメントを付けてお くと、ページ更新の際にわかりやすくなります。 コ メ ン ト は [< ! ー] と[ー! > ] の 聞 に 記 述 し ま す 。

特殊な文字を表示する
例えば、ブラウザ上に [

] と表示したい場合とき、ソー スに [

] と記述すると、段落の闘始と解釈され、ブラ ウザには表示されません。このようなときは [<] の代わ りに [<]、[>] の代わりに [>] と記述します。同様に、 そのまま入力したのではブラウザ上では正しく認識できない特殊な文字は、決められた文字列をソースに記述す ることによって表現できる場合があります。また、文字 列でなく、数字の組み合わせを使うこともできます。著作権を表す@ は [©] でも、 [&#169:] でも表すこと ができます。

サーバーについて

ブログサービスを選ぶときにチェックしておきたいことの一つにそのブログサービスで使っているサーバーの安定性があります。サーバーというのは、あなたのブログのデータを預かつてくれるコンビューターを指します。このサーバーが年中無休で稼働して、あなたから預かったデータをネットに送信してくれるから、あなたのブログは24 時間365日いつでも閲覧できるようになっているのです。あなたには、お気に入りのブログを見ょうとクリックしでも、なかなか表示されなかったり、エラー表示が出て、まったくつながらなかったりした経験はないでしょうか? これは、ブログのデータが入っているサーバーのトラブルが原因なのです。実はサーバーのトラブルは、検索エンジンの評価にも大きな影響を与えます。検索エンジンのロボットは、日々、色々なブログ・ホームページをクロールしていますが、クロールしている時に、サーバーにトラブルがあって、ブログがなかなか表示されなかったり、エラー表示が出たりすれば、ロボットはクロールするのをやめます。つまり、サーバーが不安定だ、と、せっかく検索エンジンがきても、追い返すことになって、評価されなくなるわけです。サーバーが不安定かどうかは、一番アクセスが集まる平日の昼や夜の22~1時の間に、実際にアクセスしてみるといいでしょう。サクサクとブログが表示されれば、 OKです。

キーワードのいろいろ

“ウェブ検索におけるキーワードというものは多種多様な呼び方と種類があるのではないでしょうか。このキーワードの数々を理解しておくと、いざキーワードを選定する時により磨きのかかった選択ができるでしょう。
キーワードひとつの月間検索回数が何十万回もあるような検索される頻度の多いものは所謂ビッグキーワードと呼ばれ、一度でもトップページの上位に表示されてしまえば、1日で数万アクセス獲得といったことも夢ではないと考えられます。しかし、ビッグキーワードというのは、検索結果の上位表示を目指しているライバルが多く存在することも当然でしょう。つまり、3位以内に入る以前に、 検索結果2ページ目にランクインするのも非常に難しいと言われているようです。”

アンカーテキストについて

これからのWebライティングは、検索ロボットと検索ユーザーの両者を考えて進めていくことが、SEO(検索エンジン最適化)対策に有効と言われています。具体的対策の中で、アンカーテキストについてその効果的な利用方法をお話します。Googleのような検索サイトで表示されてきた結果から、選択したWebサイトをクリックして表示されたページで、よく見かける「クリックすると他のリンクへ飛んでくれる」テキストです。単語や文章にアンダーラインが引いてあったり、色付けされているのをよく見かけます。アンカーテキストも他のページ内で記述されている言葉同様、Webサイトで挙がっているテーマに関連したものを含めることがSEO対策として有効です。もちろん適正なキーワードを使用することが前提であると共に、ユーザーが期待して飛んだリンク先がアンカーテキストとは縁遠いものであっては逆効果です。ユーザーにしてみれば、見ているWebページでわからない言葉が出てくれば、通常はコピーして改めて検索し直すところを、クリック一つで関連するリンクへ飛んでくれるという有難い機能です。有効に活用すればユーザーのリピート訪問も期待できるでしょう。そのようなアンカーテキストですが、設定時に注意してほしいことがあります。リンク先ぺージtitleに同じ言葉を盛り込むようにしてください、ディスクリプションに対しても同様です。更に、見出しタグ「<h1>~</h1>」に盛り込んでおくことを忘れないようにしましょう。ここまでは、ユーザーサイドからみたアンカーテキストの効果的記述方法ですが、検索ロボットもアンカーテキストとそのリンク先の関連性は評価対象としていると言われています。きちんとしたHTML記述がなされていれば、価値あるWebサイトとの評価も期待できると言っていいかもしれません。

ネットビジネスの接客

皆さんは、 Webマーケティングの重要性をどのような観点から考えていらっしゃいますか?マーケティングは、  SEO などの集客による新規のお客様を獲得するためにある、などと考えられていらっしゃる方も多いようですが実、際には、新規のお客様の獲得だけではなく、既存のお客様に向けて、 リサーチを行うことも重要です。何よりも、新規のお客様をおもてなしすることも大切ですが、既存のお客様を大切にすることで、その集客の底辺が広がりを見せていくようなのです。外部ばかりに目がいき、インターネットなどに散りばめられている、膨大な情報の中から、マーケティングを行うとしている運営者は多いようなのですが、実際には、社内にもそのマーケティングの必要性は大いにあるはずです。既存のお客様が一体どのような考えを持って自社の製品を愛用してくださっているのか、また、日頃から Web サイトなどの運営にどのような意見をお持ちでいらっしゃるのか、など、お客様からの意見や、感想を伺うことは、何よりも大切であります。また、さらなるお客様からの自社への接点を築くことが可能となるかもしれません。深い絆をお客様と築くことができるのは、何よりも大切で、かけがえのないことであるはずです。日頃から何かとお互いの顔や存在を感じることが難しいネットビジネスの繋がりですが、ネットビジネスは、顔の見えないお客様と、顔の見えない事業主の間に結ばれている絆ではありません、人間と人間の繋がりがあるのだということを意識した上でお客様とのネットワークを築いていきましょう。

頻繁に更新すべきページ

ウェブサイトの中でも、情報提供ページは更新すればするほどアクセス数の増加が期待できます。中でもQ&A、用語集、業界情報、最新情報、法律事情はユーザーの求める情報が多く盛り込まれており、更新するたびにアクセス数が増えます。さて、コンテンツの中身を更新する作業に慣れたら、今度は構成やレイアウトにも気を配りましょう。自社のサイトが見辛いと感じたら、直ちに修正する必要があります。原稿がどんなに優れていても、配置、構成、レイアウトが杜撰なサイトは見るに堪えません。制作担当者はまずデザインイメージを想像し、そこから構成の案を練ります。そしてその案をクライアントや上司に見せて意見を貰います。この時、他人がイメージしやすいようにラフ案を作成すると良いでしょう。例えばトップページのレイアウトであれば、ヘッダー、メインメニュー、メインページ、コンテンツ、サイドバー、フッター等が基本的な要素になります。これらをイメージしたレイアウト内に嵌めていき、さらにそれぞれのファーストビューを具体化します。ヘッダーは「電話」「メール」「カートに入れる」といった基本的なボタンを配置します。メインメニューは「商品」「ホーム」「会社概要」「お問い合わせ」「アクセス」といった項目を並べます。メインページはインパクトのある写真やスライドショーを使用します。コンテンツは既に出来上がった原稿等を配置して問題ないか確認します。サイドバーはバナーを設置したり、誘導ボタンを設置したりします。フッターはコンバージョンへの誘導ボタンを設置します。

情報提供ページの使い方

情報提供ページは商用ページにおいてもよく見られるコンテンツですが、それらの全てが直接商品に関係するわけではありません。しかしユーザーに長居してもらうきっかけを作るページになるため、最終的には顧客の確保に繋がっているのです。特に人気の高いページは、頻繁に更新することでアクセス数を稼ぐことができます。この更新時、文面をどうするべきか気になるところですが、SEOのように特定のキーワードを無理矢理入れ込む必要はありません。SEO専用サイトであればともかく、一般的な商用サイトのコンテンツ作りにおいては誠意や熱意を見せた方が効果的なのです。誠意は様々な見せ方がありますが、専門知識や業界情報を伝えてあげるとユーザーに喜ばれます。以下、よく見かける情報提供ページをご紹介したいと思います。一つ目は、商品の選び方を解説したページです。専門家の視点で選び方を説明してあげると、ユーザーの関心も高まります。二つ目は、他社商品との比較ページです。下心を見せず、客観的に比較してみせたページは高く評価される傾向にあります。三つ目は、助成金・税金情報です。特殊な商品の場合、ユーザーの立場に立って面倒なお金に関する情報を提供することが大切です。四つ目は、相場のページです。相場について話すビジネスマンは比較的信用されます。それは商用サイトにおいても同様です。五つ目は、業界のあるあるネタです。まだ業界のことをよく知らないユーザーが閲覧すると、親しみを感じてくれる可能性があります。六つ目は、使用方法のページです。購入前に詳しい使用方法を知ることが出来れば、ユーザーとしては自分が使うシーンをイメージし易くなり、購入意欲が増幅します。

「車輪の再発明」はしない

ビジネスを見直すときに意外に重要と思われるのは、「使えるものは全部使う」というスタンスです。「車輪の再発明」という言葉がありますが、事業展開を早めるためにも、大切な考え方だと思います。
社内のボトルネックを探し、それをうまく改善できれば利益も上がります。そのとき、既存のものを活用するほうが時間も短縮でき、しかも安く済みます。例えば、AI導入に際しイチから画像認識システムや導線の仕組みまで、すべてを自主開発していこうとすると、時間もお金ももっとかかるでしょう。最初からまとまってシステムを導入するのとどちらが卜クであったかは自明です。すでに世の中にあるものはとことん利用する、あるものは使ってしまおう、という発想のほうが事業展開は絶対に早い、と思っています。国内大手企業の場合、ともすれば「自前主義」を貫こうとするケースをよく見かけますが、少なくとも進化スピードの著しい分野では、「車輪の再発明をしない」というスタンスも必要でしょう。店舗の見せ方を変えたらどうなるかを知りたい(新規顧客が増えて顕著な売上増につながるか、あまり変わらないか)という検討する場合、AI導入に採用したツールを使えば必要なデータが取得できるとわかったならば、それを有効に使えば来店者数、売上、利益への貢献につながりました。AIを導入する企業側でやりたいことが明確な場合、世の中にはその役に立つツールや商品がすでに存在していることが多いので、まずはそれを探し、使ったほうが賢明といえます。

サイト上のプロモーション

皆さんが、ウェブサイト上で、新商品や企画商品を、プロモーションされたい場合、何よりもサイト上のトップページでそ、のような情報を組み込むことが重要です。お客様がすぐにでも、目に入る場所、または、サイトを訪れた際に、目立つ場所といったような形で、重要なコンテンツは、掲載されるべきです。検索エンジンのキーワードなどを利用して、サイトを訪れるようなお客様にとっても、キーワードに関連する情報が、トップページで表示されることが望ましいでしょう。実際に、情報を検索しているお客様にとっては、トップページで、全ての内容を把握できることが、望ましなどとも言われています。皆さん自身が、ウェブサイトの運営者として、お客様に、提供していきたい商品や、情報に関しては、トップページの一番目立つ場所に、掲載するといったような法則を利用して新たなる集客を見込んでいきましょう。せっかく、検索エンジンを通してサイトを訪れてくれたお客様も、皆さんのサイト上に、目的の情報が目に入らなければ、数秒で立ち去ってしまう可能性もあるのです。そのようなお客様を、ナビゲートできるようなサイト構造を心掛けましょう。