HTMLの最適化

SEO対策では、まずはトップぺージのHTMLを最適化しましょう。

HTML内のタグの修正は、それほど大掛かりな作業ではありま せん。ただし、パンくずリストの設置は少しだけ専門的な知 識が必要になります。まずはホームページの顔となるトップページを点検し、修正を行う箇所があれば手直ししましょう。

下記はトップページの内部対策を行うのに重要な箇所となります。ホームページの修正でどこから手をつければよいかわからない場合は、まずこの5箇所のHTMLをチェックしてみてください。

  1. タイトルタグ
  2. メタディスクリプション
  3. Hタグ
  4. a l t タグ
  5. パンくずリスト

タイトルタグを作成する
タイトルタグとは、 HTMLの<head> 内にある <title> OOOOO</title> の部 分です。 00000の部分にホームページのタイトルを記載しておきますが、 選んだメインキーワードを書き込んでおくことで、 SEO の効果が大きく高ま ります。できれば、タイトルの一番左にキーワー ドを入れることをお勧めします。 また、タイトルタグは、検索結果の「タイトル」としてそのまま表示され ます。クリックするとどんな情報が得られるのか、検索ユーザーに伝えるためにも、キーワードを入れておくことが非常に重要となります。 業種によっては呼び名が複数ある場合もあるかと思います。そんなときは、その中で一番需要のあるキーワードを選んで入れるようにします。例えば美容室の場合、「美容院」「美容室」「へアサロン」という同じ意味を持つキーワ ード候補が3つあります。この場合、タイトルタグに入れるキーワードとし ては、「よく使われそうな言葉」を先頭のキーワードとするほうが検索されやすくなります。 複合キーワードの構成要素は「メインキーワ ー ド+他の単語」という形で すが、「他の単語」が属性を絞り込むような言葉の場合は先頭に置いたほう が効果的なケースがよ くあります。特に、 複合キーワード内に「秋葉原」「 猿 楽町」などの地域キーワードがある場合は、迷わず先頭に置きましょう 。